同性の結婚について

日本では法的に、同性愛者の人はあまりいないとされています。
同姓による結婚をしようと思った時は、多くの反対を受けることになるでしょう。
そのような日本の社会でも、ゲイ同士のカップルは存在します。様々な手を利用します。
自分の友達でゲイの子がいるのですが、その子は、特殊な方法で入籍することが出来たのです。
それを紹介したいと思います。
養子縁組を利用するのですが、基本的に年上の人を養子に出すことができません。
妻である人が年上になってしまう場合、年下の相手を養子に取ることになります。
これは法的な決まりで定められていることなので、従う必要があります。
また独身と言う扱いになるのも大きな特徴と言えるでしょう。
そのため、本来受けられるはずの、年金や税金に関して優遇を受けることができません。
これゲイ特有の価値感、世界観ということになります。
日本の法律の中で、ゲイとして生活していくには、多くの困難を乗り越えてなおかつ
多くの、厳しいことにも耐え続けなければいけないことになります。
自分の家庭に尽くしていても報われることはないかもしれません。
厳しいようですが、それが現状というものです。